大阪府高槻市 認知症・もの忘れ外来【おおにしクリニック】

認知症・もの忘れ外来 おおにしクリニック
クリニックからのお知らせ
2017.09.06 「三島認知症多職種連携ワークショップ」が開催されました。

9月2日(土)の午後、「三島認知症多職種連携ワークショップ」が開催されました。
その名のとおり、医師だけでなく、医療・福祉のさまざまな職種から参加があり、講演に続くグループワークでは当院 大西雅彦医師が話題提供して活発な議論をいただきました。

ひまわり

2017.09.04 休診のお知らせ 

休診:10月23日(月)、10月24日(火)
午後のみ休診:10月26日(木)

よろしくお願いいたします。

2017.08.28 診療予定変更のお知らせ 

診療予定を以下のように変更します。

休診:9月23日(土、祝日)
診療:9月30日(土)

よろしくお願いいたします。

2017.08.07 暑中お見舞い申し上げます

夏雲湧くすっきりした青空には なかなか出会っていませんが、めざまし時計代わりの蝉は今年も元気です。
おおにしクリニックは4度目の盛夏を迎えました。今年も朝顔、ポーチュラカを植えました。
背丈の小さい向日葵やハイビスカスも植えました。咲いてくれるかな・・真夏の西日は人間にとっても植物にとっても過酷なので「どうか 枯れないで!」って願うように水遣りをしてきました。
ひまわりが咲くのが楽しみ!と言ってくださった患者様がおられました。どうぞ見てやってください。
元気いっぱい咲きました。

例年に負けず厳しい夏です。エアコンが嫌いでも、エアコンを稼動させてください。
喉が渇いていなくても、少しずつでも水、お茶、ジュースを飲んでください。
食欲がなかったら、バナナやメロン、ヨーグルトやプリン、口当たりのいいもので 何とかしのいでください。
この夏、何とか超えましょう。そして皆様と笑顔で秋を迎えたいと願っております。

おおにしクリニック スタッフより

ひまわり

2017.06.26 患者様ご家族向けの相談会を行いました。 

5月25日 当院通院の患者様ご家族に向けて、相談会を行いました。
事前に、ご家族が不安に思っていること、困っていることをアンケート調査し、80件以上のご回答を得て、当日は20名以上のご家族が参加下さいました。

そして、包括支援センターのケアマネージャーさんや保健師さん、看護師さん、社会福祉協議会の生活支援コーディネーターさん、高槻市認知症地域支援推進員さんなど、多種多様な専門職の皆様にお集まりいただき、ご家族の皆様の相談にのっていただきました。

各専門職のスタッフからの具体的なアドバイスやご家族が語った心温まる対応方法など、あっという間の2時間でした。

認知症という病を患っても、おおにしクリニックのドアを開けてくださった皆様に、多くの支援者・応援者と繋がっていることを知っていただけたら、幸いです。

皆様、ご協力ありがとうございました。

おおにしクリニック スタッフより

2017.06.01 季節のごあいさつ 

今年もドクダミ茶の季節がめぐってきました。
庭に白い花が咲きだすと、早く摘んでおいしいドクダミ茶を皆さんに飲んでいただきたい気持ちになります。
好きな方にはご自由にお持ち帰りいただいています。
利尿作用、高血圧、動脈硬化の予防、便秘解消、糖尿病予防、冷え症予防、血行促進に効果があると言われています。

4か月前はしんと凍えるような朝を迎えていたなんて信じられません。
喉が渇かなくてもマメに水分を摂り、熱中症にならぬよう、ご自愛ください。

どくだみ茶

2017.02.13 余寒お見舞い申し上げます。 

朝の庭が雪に覆われていました。
しんと冷える中、枯草の中にエサを探す小鳥は元気です。

わがクリニックでは3度目のお披露目 お雛様を飾りました。
来院の方に愛でていただき表情が晴々して見えます。
そして 火鉢も活躍しています!
「わー 懐かしい」 「珍しい・・こんなん 今もあるんやね」 「小っちゃい時 網のせて お餅やいたわ〜」 「うちは 干し芋焼いたでぇ〜」って様々な声が飛び交います。
友人でも知人でもない方々が火鉢ひとつを囲んで笑顔で語らう姿をみかけます。

言葉を失いかけてる方から「五徳」とつぶやくのを耳にしました。お雛様を見て 「きれい」とささやく声も聴きました。

インフルエンザが流行しています。うがいと手洗い、そして十分な水分摂取をこころがけ、笑顔で春を迎えられますように。

お雛様

2016.12.26 認知症講演会がありました。 

12月7日、高槻市郡家地区で、民生委員さんなどの民児委員会主催の認知症をテーマにした講演会が開かれ、当院からは大西雅彦医師が講師として参加しました。
テーマは高齢者のもの忘れが気になったとき、どのように声かけしたらよいだろうか?です。それを「敷居の上に立ち、その前後にあるはずの畳がかすんでみえたら・・・・?」というたとえ話を切り口に考えました。
お話の後の質疑応答では高齢者ドライバーについての質問があり、この問題に対する関心の深さがうかがえました。

認知症講演会

2016.10.24 『たかつきカフェってどんなカフェ?』〜認知症カフェの情報を共有するためのシンポジウム〜に行ってきました。

こんにちは。
おおにしクリニックのスタッフです。
10月9日大阪医科大学北キャンパスで開催された
『たかつきカフェってどんなカフェ?』〜認知症カフェの情報を共有するためのシンポジウム〜に行ってきました。
100の椅子がほとんど埋まって見えるほど多くの方が参加されました。専門職だけでなく、認知症の当事者、ご家族の参加が多く、活発な意見交換がなされました。
「おおにしクリニックで認知症カフェをやってもらえないのか?」「おおにしクリニックで認知症カフェをやるならボランティアをしたい」というありがたい意見をいただきました。
大西雅彦医師の発言した「新しく作らなくてもすでにある(ディサービスなど)が認知症カフェの役割を担えばそこがカフェになるという意見に勇気づけられた」というケアマネさんの言葉も頂戴しました。
認知症カフェ・・・認知症の診断を受けている独居で家にひきこもりがちな方が老人会の会長さんの誘いで一緒にコーヒーを飲みにカフェへ行き、新たな交流が生れ、つながり、ができ、介護認定まで繋がった例もあるそうです。
自分を再構成できる場所としての ”認知症カフェ” が あたりまえに あっちにもこっちにもある地域が住みよい街ではないかと考えさせられたシンポジウムでした。

10月も下旬だというのに、日中は「暑い暑い」で冷たいお茶がおいしいですが、夕方には風が冷たい空気を運んできます。
風邪をひいて寝込むことのないよう うがい、手洗いを忘れませんように ご自愛ください。

たかつきカフェ画像

2016.08.29 「認知症カフェ」のお知らせ 

みなさんこんにちは。この秋、高槻市で「認知症カフェ」をテーマとするシンポがあり、当院医師大西雅彦もパネラーとして参加します。
「認知症カフェ」は、国が推し進める新オレンジプランの主要な軸のひとつです。興味のある方はぜひ足をおはこびください。
>>「認知症カフェ」のチラシはこちら

終了しました

2016.08.29 残暑お見舞い申し上げます

2日前にツクツクボウシの鳴き声を聞きました。
日暮れも少し早くなりました。
待ちどおしい秋はもうすぐ、そこまで来ているはずですが・・・
8月も下旬だというのに強い陽射しは今だ衰えていません。
熱中症にならぬよう、水分を充分摂り、体重減少に注意し、この酷暑をどうぞ乗り越えてください。

遅植えの朝顔が西日に負けず咲いてくれました。

2016.07.19 ミニ・セミナーの動画を公開しました。 

7月17日(日)開催の「認知症の理解のためのセミナー『認知症の人から見た世界』」をビデオに撮りYouTubeに公開しました。
当日おいでになれなかった方は、ぜひごらんください。

動画はこちら
>>『認知症の人から見た世界』1
>>『認知症の人から見た世界』2

2016.07.05 季節のごあいさつ

こんにちは。梅雨入りしてからちょうど、折り返し地点。 重苦しい空模様ですが、遠くを見渡せば田んぼの緑が思いもよらぬ風景になって飛び込んできます。
お隣に住む家主さんから紫陽花をいただきました。来院の方から「すごく、きれいだねえ」「いろんな種類の紫陽花があるって知らなかった」「和むわ!」の言葉をいただきました。
庭のドクダミも真っ白い花を咲かせました。かつて、薬大の先生がドクダミは薬草の中では唯一、副作用の少ない草だと教えていただきました。そこで、ドクダミの葉を洗い、陰干し。乾煎してドクダミ茶を作りました。希望される方にお持ち帰りいただいています。
癖のある香りですが、高血圧、便秘、動脈硬化、冷え症の予防。そして美容にも。冷蔵庫に入れれば脱臭効果もあります。残念ながら認知症に効くお茶ではありませんが、ご飯をしっかり食べ、水分を充分摂り、厳しい真夏に備えましょう。

2016.06.20 認知症の理解のためのセミナー『認知症の人から見た世界』のお知らせ

蒸し暑くなりました。高槻市内日吉台で以下のような講演会が開催されます。お近くの方は、ぜひ見に来てください。
>> セミナーのチラシはこちら

終了しました

2016.04.12 季節のごあいさつ

こんにちは。本日吹き荒れた北風で街は桜吹雪。
おおにしクリニックの入り口には黄色いチューリップが咲きました。赤いチューリップはまだ蕾です。葉っぱばかりが元気だったシクラメンも赤い花を咲かせました。
春の花が精いっぱいの笑顔で来院される方をお迎えします。

2016.02.25 「第12回認知症の人と家族のための情報交流会と相談会」のお知らせ 

季節恒例の「認知症の人のための交流会と相談会」が3月に予定されています。当院医師 大西 雅彦 も、相談担当者として参加が予定されています。
会場は交通の便のよい駅前です。高槻の方はぜひお顔をみせてください。
>>情報交流会・相談会のチラシはこちら

終了しました

2016.03.09 地域で支える『認知症ケアについて考えよう』地域向け講座の動画を公開しました。

2月28日開催の、地域で支える『認知症ケアについて考えよう』地域向け講座にご参加いただきありがとうございました。
講演会の動画をYouTubeに公開いたしました。
内容はパネルディスカッションの部分で、大西医師の発言部分だけをまとめました。
今回ご参加いただけなかった皆様も、ぜひご覧ください。

動画はこちら
>>地域で支える『認知症ケアについて考えよう』①
>>地域で支える『認知症ケアについて考えよう』②
>>地域で支える『認知症ケアについて考えよう』③

2016.02.23 季節のごあいさつ

こんにちは。おおにしクリニックのスタッフです。
暖冬とは言え、季節は冬。今年も火鉢に炭を入れました。
「わ〜懐かしい・・・」「おばあちゃんが火鉢のそばに座って、お餅を焼いてくれたのを おもいだしたわ〜」「昔はこれだけだったね」「みんなが火鉢のまわりに集まったよね」
院長の実家で長く眠っていた火鉢が、大活躍! 3年目の冬なので炭の火起こしも失敗が 少なくなり、ほのかなぬくもりで来院された方の指先や気持ちをほっと温めます。

もうすぐお雛祭りですね。 お雛様もたくさんの方にみていただいて、誇らしげです。雛人形のそばに立ち記念撮影 された方、お雛様にいっぱい話しかけていた赤ちゃんもいました。

もうすぐ春ですね! 外出のあとは うがい、手洗いを忘れず 病気知らずで桜の春を迎えられますように。

2016.02.01 地域で支える『認知症ケアについて考えよう』地域向け講座のお知らせ

みなさん、こんにちは。
高槻市内の今城塚公民館で、以下のような地域向け講座が開催されます。当院医師 大西 雅彦もパネリストとして参加が予定されています。お近くの方はぜひおいでください。
>> 講座のチラシはこちら

終了しました。

2015.11.02 『認知症の人と家族のための情報交流会・相談会』が
開かれます。

みなさん、こんにちは。
さて、まだ少し先、晩秋の頃になりますが、定例の「認知症の人と家族のための情報交流会・相談会」が開かれます。
当院の大西医師も交流会・相談会の担当として参加します。
会場はJR高槻駅からのすぐのところです、高槻の方はお気軽に
おいでください。

 >> 情報交流会・相談会のチラシはこちら

終了しました。

2015.10.13 しまもと年長者いきいき月間 介護の日講演会 

みなさんこんにちは。
高齢者いきいき月間のプログラムとして、島本町が講演会を計画されました。当院の大西医師は演者として参加します。
お近くの方は、気軽に足をお運びください。
>>介護の日講演会のチラシはこちら

終了しました。

2015.06.01 第10回 認知症の人と家族のための情報交流会と相談会

7月20日(祝日)、恒例となった第10回「認知症の人と家族のための情報交流会と相談会」 が、JR高槻駅前で開催されます。
当院大西医師は個別相談をお受けする役割で参加いたします。  お近くの方は、ぜひおいでください。
>>情報交流会・相談会のチラシはこちら

終了しました。
2015.02.03 第9回 認知症家族・関わる人の情報交流会・相談会 

きたる3月21日(土)の祝日、高槻市で別紙のように
「第9回 認知症家族・関わる人の情報交流会・相談会」が開催されます。
当院の大西医師も勉強会講師、および相談会担当医師として参加させていただく予定です。
認知症のご家族を支え、あるいはご家族の認知症を心配しておられる方は、是非おいでください。
>>情報交流会・相談会のチラシはこちら

終了しました。

2015.01.22 認知症・もの忘れの医学講座のお知らせ 

高槻市郡家地区の福祉ゾーンで、「郡家まつり」が開催されます。
当院の大西 雅彦 医師は、認知症についての講演で参加します。
郡家地域にお住みのみなさん、是非のぞきにきてください。
>>郡家まつりのプログラムはこちら

終了しました。

2014.11.20 院長から開院一年のごあいさつ 

みなさん、こんにちは。

私たち「おおにしクリニック」は、もの忘れの診断・治療を役割として、昨年12月にここ高槻市に開院しました。「高齢者」、「もの忘れ」に特化した診療所は、この地域初めての試みでした。迷いながらの1年でしたが、その間に400人ちかくの方々が当院を初診で受診してくださいました。その患者さん、ご家族のそれぞれが悩んだ末の受診です。そしてそのなかでもいちばんよく耳にしたのは、「どこに相談していいか、わからない」、「必要な答えがもらえない」という訴えでした。

診療所がたくさんあり、地域包括支援センターという窓口がある。介護保険で利用できる活動の場もたくさんあります。私も認知症と診断すると、お薬による治療とデイサービスの二本立てをゴールド・スタンダードと考えておすすめします。ところが400人の患者さんは金太郎飴のように同じ顔をしているわけではないのですね。同じ認知症でも、淋しくてデイサービスがないとご家族に電話をかけ続ける方もいれば、逆に淋しさや不安は訴えないけれど頑固に人と接したがらず社会的に孤立する方もおられます。そのそれぞれの患者さんに、それぞれの工夫が必要で、教科書のような回答では解決できないことがあるのです。こうした事情が先のような訴えにつながるのだとおもいます。

私たち「おおにしクリニック」にもさまざまな心配ごとが持ち込まれます。もとより私たちにもその解決請負人になる力はありません。しかし患者さんのことに関心をもち、そのそばに寄りそい、ご家族といっしょに考え、試行錯誤する姿勢はこれからももちつづけたいとおもっています。

「おおにしクリニック」がある高槻市富田地区は高齢者の多い町です。この町で今、「徘徊高齢者を見守ろう」という地域発信の活動が生まれつつあります。高齢者が安心して暮らすためには、高齢者に関心をもち、視線が向き、耳を傾け、いっしょに考えるような町でありたいものです。そのために「おおにしクリニック」が少しでも役立つ場所だとおもっていただけるよう、次の1年を頑張りたいとおもいます。ひきつづきあたたかくみまもってくださるようお願いいたします。

2014.09.01 院内ミニ講演会の動画を公開しました。

こんにちは。みなさん。
8月3日の日曜日、当院でミニ講演会を実施しました。
テーマは 「認知症のお薬」です。
そのときのライブをYouTubeに公開しました。当日おいでになれなかった方は、ぜひごらんください。
なお好評につき、おなじ内容で11月にミニ講演会を予定しています。10月頃にスケジュールを公開しますので、よろしかったらおいでください。

動画はこちら >>院内ミニ講演会「認知症のお薬」

2014.05.19 院長から開院半年のごあいさつ

みなさん、こんにちは。

昨年12月に生まれたこのクリニックも、おかげさまで診療6ヶ月目に入りました。私たちおおにしクリニックは、認知症を専門に診るこの地域最初の診療所です。なにもかもが初めてずくしで、試行錯誤の半年間でした。果たして高槻市富田の地に根を張ることができるのか、不安をかかえてのスタートでした。でもゆっくりながらこの地で発芽できつつあるようです。

なによりも「通りかかりで入ってみた」という方が多いことです。小さいけれどみなさんのお家と軒を並べ、この街の片隅で呼吸をはじめた私たちを、見て、知って、入ってくださる方が少しずつ増えていることを実感できます。それに地域福祉のキーステーションであるケアマネージャーさんからも多くのご紹介をいただけるようになりました。

そのいっぽうでおひとりおひとりのご高齢者にとって、受診というのは不安で、勇気がいることだということも痛感しています。たとえ町のクリニックであっても、受診するというのはご本人にとってもご家族にとっても緊張することなのだということを、私たちおおにしクリニックは理解しています。診察の結果は認知症であるかもしれません。他の病気であるのかもしれません。あるいは病気ではないという診断になるかもしれません。いずれにしてもそれぞれの方がそれぞれの気がかりがあって受診されたのですから、私たちはそのご心配に耳を傾ける姿勢を守り続けます。顔のみえる出会いは、まず相談のお電話がないとはじまりません。共に考えるおおにしクリニックの次の半年を、ひきつづきあたたかく見守っていてくださるようお願いいたします。

院長 大西 雅彦

2014.04.28 院内ミニ講演会の動画を公開しました。

4月13日開催の「院内ミニ講演会」にご参加いただきありがとうございました。
講演会の動画をYouTubeに公開いたしました。
今回ご参加いただけなかった皆様も、ぜひご覧ください。

動画はこちら >>認知症の方とご家族の方のためのミニ講演会

2013.12.09 おおにしクリニックが開院いたしました。

このたび大阪府高槻市にて地域初の認知症専門クリニック、認知症・もの忘れ外来「おおにしクリニック」が開院いたしました。

認知症患者さんとご家族を支える応援団として、病院で認知症専門外来を担当してきた13年間の経験を、今度は街のなかから、「街の応援団」として、微力ながらみなさんのお役にたちたいと考えています。

私たち「おおにしクリニック」では、認知症の診断、治療から、患者様のケアや社会参加の相談まで、幅広く対応する用意があります。どうか私たちのクリニックを上手に活用してください。そしてご家族が認知症にかかっても、ともに笑顔で過ごせる毎日をとりもどしてください。

お気軽にご相談いただき、地域のかかりつけ医として皆様のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

診療のご案内のページへ
診療時間
午前
9:00〜12:30
検査・相談
13:00〜16:00
午後
16:00〜17:00
…第2・第4土曜のみ診療
当院の診療は予約制となっておりますので、事前に
お電話にてご予約ください。
水曜・日曜・祝日
阪急京都線 富田駅 北出口より徒歩約2分
JR京都線 摂津富田駅 南出口より徒歩約4分
詳細地図のページへ
ページのトップへ
診療時間
午前 9:00〜12:00
検査・相談 13:00〜16:00
午後 16:00〜17:00

水曜・日曜・祝日
※土曜は第2・4のみ診療
〒569-0814
大阪府高槻市富田町1丁目18-14 STマンション 1F 詳細地図のページへ